□ 13 鍵交換が任意の場合 □

鍵交換をするかしないかが入居者に委ねられる場合があります。

この場合、前の入居者が使っていたものをそのまま使うということになります。

退去の際にルールとしてはすべての鍵をを返却して頂くことになります。(入居の際に鍵の本数・鍵の刻印番号を控えてあります。)

自身で複製をした鍵がある場合、それも管理会社へ渡すということです。(本来、複製したい場合も管理会社へ伝え、対応してもらうのが正しいですが。)

通常、次の入居者が鍵を交換すると思われるので、複製したものを持っていても仕方がなく、交換しなかったとしても問題はないかと思います。ただし、可能性が0ではない以上、やっておいたほうが気分的にも良いでしょう。

交換しない場合のメリットは、初期費用が少し安くなるくらいです。15000円+税くらいの費用が多いです。

ちなみに、管理戸数が多く鍵をローテーションで回している場合、安いか、もしくはかからないということもあります。