□ 14 家具家電付き賃貸物件 □

家具家電付きの賃貸物件について

賃貸物件の中には、家具家電が付いた状態で借りられる物件があります。

ある程度期間が決まっている方や法人のご転勤の方が選ばれることが多い条件です。

主な家具家電の品目としては、【冷蔵庫】【洗濯機】【電子レンジ】【ベッド】【掃除機】【TV】【TV台】【ソファー】【机・椅子】【ダイニングテーブル】【ローテーブル】【その他アメニティーや小物】です。物件によって設置されているものは違いますが、基本的に大型の家具家電は設置されています。(詳細は物件毎にご確認下さい)

鞄一つですぐに生活が始められるようなものも多いので、移動後すぐに手間なく住み始められます。

家具家電付きをご検討される際にメリットとデメリットについては下記のような点です。

デメリットに該当せず、メリットが感じられる場合、家具家電付きの物件はオススメです。

——————————————————————————————-

メリット

・引っ越しの際に家具家電まで買い揃える必要が無いので、引っ越しにかかる費用を抑えられる

・退去の際に家具家電が不要になる場合、廃棄する際にかかるリサイクル料金が不要となる

・入退去時の引っ越し運送費が安く済む

・とにかく入退去時の手間がかからない(運び入れ・購入等が不要な為)

デメリット

・通常の相場よりも家賃が高い傾向にある(物件によりますが)

・必ずしも新品の家具家電が入っているとは限らない(むしろ据え置きが多い)

・転居後の入居の期間が長くなる場合、購入してしまった方が結果、費用的に安く収まる可能性がある

・逆に入居期間が短すぎる場合、ウィークリー/マンスリーマンション(短期貸し)を借りるかホテルで対応した方が安く済む可能性がある

・家具家電の中で生活に必要な点数によっては買った方が安い場合がある

——————————————————————————————-

契約書上、設備として『家具家電付き』という形で契約をした場合、付属の家具家電も使用する目的で賃貸借を結ぶというニュアンスになるので、もし入居中に不具合がでれば、貸主側で修理・交換する義務があります。つまり入居中は付いた状態が維持されます。(取り扱いについては部屋と同じ扱いです。故意過失で傷・汚れ・損壊があった場合は原状回復の対象になります。その際の修理交換は借主負担です)

注意点として、前入居者が置いて行った家具家電をそのまま置いてあるだけの場合が稀にあります。(広告上はこの場合も家具家電付きで掲載されていることが多いです)

この場合については、残置物という扱いになり、故障した場合に家主さんで修理・交換をする義務はないと明記されることが多いです。また、入居中の故障・廃棄にかかる費用も家主さんが持たないという契約内容も可能ですので、内容については契約前に事前に確認頂いた方が良いです。

また、家具家電付きの賃貸物件の多くは、ウィークリー/マンスリーマンションとしても運用していることが多い為、空室状況に動きが起こりやすく申込にスピード感が求められます。ウィークリー/マンスリーでお探しの方は、室内を見ないで決める為(ホテルを予約するのに近い感覚です)、急に申込が入ったりします。

短期でも契約が間に入ってしまうとその分入居可能日が延びてしまい、ご希望に合わなくなる可能性がでてきます。

逆に入居時期に合う物件が空き予定の場合は、同じ物件の他の部屋が、清掃の合間や入居前で内見可能な場合が多いので、別部屋で室内の広さ、設備等を確認して、空き予定の部屋を抑えるという動き方をすれば、条件に近い家具家電付きのお部屋を抑えやすくなります。

家具家電にエアコンは含まれません。エアコンだけが必要な場合は特別、家具家電付きで探す必要はありません。最近の物件であれば、ほぼ設備としてついていますので気にしなくても大丈夫です。(間取りを問わず1物件に1台が多いです。ファミリータイプの間取りの場合、エアコンが何台設置されているかは個別に確認をした方が良いかと思います。)