△ 売買契約 買付から引き渡しまでの流れ △

売買契約の流れ (シンプル版)

・買付  ・・ 売主へ購入意思、金額の提示。契約日の設定。※事前が通っていないと受付でいない場合有り。※契約優先の場合があるので、契約日はできるだけ早い日にちで調整した方が良い。

・事前審査(銀行へローン申込)

身分証明書・健康保険証・物件資料・資金計算・源泉徴収票・借入がある場合、償還予定表 この辺りが必要。別途案件毎に銀行確認。本申込の前におおまかな内容を銀行に確認。

・物件調査・契約書作成(不動産業者が行う) ・・対象物件の状況や制限などを確認し、買主に説明する為の重要事項説明を作成。※物件の調査が済んでいる場合は当日の契約になる場合もあり。

契約(ローンを使う場合、特約付きで)・・売主・買主同席(持ち回りの場合は別) 契約時 買主は印紙代・手付金、売主は印紙代・領収証の準備をしておく。契約書2部作製の場合、双方が印紙代負担。重要事項説明にて、契約内容、物件調査による内容等を説明し、契約。手付金は決済金の一部に充当。買付時に金額を確認、用意。手付金は、契約後止める場合、買主は手付金を放棄することで契約を解除できる。売主は手付金の2倍を返すことで契約の解除ができる。少ない金額での契約の場合、解約リスクは双方共に高くなるので適切な金額の設定をする。

・本申込(銀行へローン申込) ・・正式な住宅ローン申込。

・金消・決済・引き渡し ・・ 本申込を基に、金銭消費貸借契約を銀行と結ぶ。それを基に融資、売主へ残代金の支払いを行う。同時履行の為、残代金の支払いと不動産の引き渡しは同時に行う。基本的には売主、買主、不動産業者、司法書士が銀行に集まり行う。

~決済日までに行うこと~

決済日確定

新築の場合、表題登記が最優先(住所が出ない為)

火災保険申込

銀行費用

司法書士費用

土地家屋調査士費用

固定資産税・都市計画税・マンションの場合、管理費、修繕費・ これらの日割り確定

買主に金額の説明

土地付きの場合、境界杭の確認(物件調査にて扱いを決めておく、引き渡しの前に復元されているか)

↓ 

・入居